静岡の整体・気功・ヒーリング

クラリオンヒーリング(整体・気功)

トップページヒーリングの考え方施術技脳と体の関係自然治癒力プロフィール・施術料金Q&Aコラム(日々創感)お問合せメンタルヒーリング

コラ


<div id=

疲れない体

スタンフォード大学でトレナーをしている山田知生先生著書の 疲れない体を

つくる方法を紹介します。

そもそも疲れは、筋肉疲労と精神的疲労があります。スポーツマンであれば

筋肉疲労原因でマッサージは有効です。一方精神的疲労は、その原因が心

(メンタル)にある為、体をほぐしても一時的なものになってしまいます。

精神的疲労は、脳神経と関係があり脳の緊張が筋肉の緊張をもたらします。

交感神経優位の身体になっており、中々体が休まらない状態です。

本の中では、IPA呼吸法を紹介しています。丹田も鍛えられるので、かなり

有効な呼吸法です。

疲れない体にする根本は、酸素を如何に体内にい取り入れるかという事です。

酸欠状態が、疲労が抜けない原因です。筋肉が疲労しますと酸素の流れが

悪くなります。それは、精神的疲労も同様なのです。

クラリオンヒーリングでは、心筋や肺をほぐし酸素を取り入れやすい身体

へ変えていく事を行います。是非お越しください。

コロナウイルス

コロナウイルスの流行で、営業自粛している同業者の方も多い現状です。

お電話の問い合わせで、施術について丁寧に説明致します。施術して怖くは

ないのか?との質問を受けますが、自分自身今まで積み上げてきた予防策が

ようやく成果として現れた感がありますので、心配はしていません。

ただ、とある室内に入った時何となくその部屋にウイルスの存在を感じ

たので直ぐに部屋を出たことがあります。常に注意は払っています。

今日、厚労省が体温の目安で37.5度以上の発熱が4日以上続くの表記を

外すという報道がありましたが、もっと早く変更するべきだったと思います。

平熱が35度台の方もいるので、その辺の判断がかなり難しく見逃しやすい

点でもあるからです。

初夏

コロナウイルスで、営業を自粛するところも多いのですが

今年も休まず営業致します。

私自身の健康状態も、日々必ずチェックしています。特に気管支や

心臓、肺の状態を確認し施術に臨んでいますのでご安心ください。

胸腺

胸腺に、風邪のウイルスを攻撃してくれるヘルパーT細胞とキラーT細胞があり

リンパ節には、NK細胞があり体を守ってくれています。

特に、風邪の引き初めにこの部分を施術しますと、ものの数分で風邪の症状が

無くなります。この施術は、メディアではほとんど紹介されたことがありません

がかなり効果のある施術です。胸腺は、胸骨の下にあるので通常のマッサージ

では触れる事が出来ず十分にほぐすことができません。

また副交感神経が働いている状態で施術を行わないと、免疫機能を高める

事が難しいのです。

私自身、冬場は常に自分の身体を監視しており、一日にこの施術を数回行う

事があります。風邪薬を使用することなく、治癒するので大変便利です。

コロナウイルスが問題視されているこの時期、来院される方には必ずこの

部分の機能が十分に働いているか確認しています。

温度計

人の体を施術にあたり、最も重要なことは自己健康管理。

例えば、施術師が肩こりや腰痛があると施術効果があまり出ません。解れたと

しても一時的なものになってしまいます。また持病をもっていることも、自分

自身の体調の悪化のみならず患者さまに悪影響を及ぼしてしまいます。

良く、肩こりの酷い方を施術するとそのこりをもらってしまうと言いますが

施術師がこっていると、そのこりを相手に与えてしまうのです。

 

現在コロナウイルスが猛威をふるっていますが、私は風邪対策も常におこ

なっており、この数十年内科にかかったことがありません。

そもそもなぜウイルスがこの世に存在するのかを考えた時、人間の免疫力を

強くしてくれる為に存在しているんだという事に気が付きました。

正直ウイルスに感謝したいと思ったこともあります。

おそらく、住環境の悪い先人たちは、自己免疫力が強かったものと思います。

私は、常に自分の体に気を送っており今自分の身体がどの様な状態なのかと

いう事をチェックしています。そうすると、ウイルスが入ってきた瞬間が

気付く様になります。その状態は、風邪を引いた時におこる関節痛の極々

弱いものを感じるのです。

数年前は、歩いていて急に悪寒のすることもありましたが、最近は

ほとんどありません。寒い時期の方が、やはりウイルスが多いと実感

します。夏場は、ほとんどそれを意識しません。

私は、ウイルスが入ってきた瞬間に、身体に気を送る事を常に行っています

ので風邪で長時間寝込んだことがありません。

恐らく、肩こりの酷い方はコロナウイルスが体内に侵入してきても、肺の

調子が悪い事になかなか気付かないものと思います。

最近の記事

アーカイブ

→月別アーカイブ

  1. 2020年6月
  2. 2020年5月
  3. 2020年4月
  4. 2020年3月
  5. 2020年2月
  6. 2019年12月
  7. 2019年11月
  8. 2019年10月
  9. 2019年8月
  10. 2019年7月
  11. 2019年6月
  12. 2019年5月
  13. 2019年3月
  14. 2019年2月
  15. 2019年1月
  16. 2018年11月
  17. 2018年10月
  18. 2018年9月
  19. 2018年8月
  20. 2018年7月
  21. 2018年6月
  22. 2018年5月
  23. 2018年3月
  24. 2018年2月
  25. 2018年1月
  26. 2017年12月
  27. 2017年11月
  28. 2017年10月
  29. 2017年9月
  30. 2017年7月
  31. 2017年5月
  32. 2017年4月
  33. 2017年3月
  34. 2017年2月
  35. 2017年1月
  36. 2016年12月
  37. 2016年11月
  38. 2016年10月
  39. 2016年9月
  40. 2016年8月
  41. 2016年7月
  42. 2016年6月
  43. 2016年5月
  44. 2016年4月
  45. 2016年3月
  46. 2016年2月
  47. 2016年1月
  48. 2015年12月
  49. 2015年11月
  50. 2015年10月
  51. 2015年8月
  52. 2015年7月
  53. 2015年6月
  54. 2015年4月
  55. 2015年3月
  56. 2015年2月
  57. 2015年1月
  58. 2014年12月
  59. 2014年11月
  60. 2014年10月
  61. 2014年9月
  62. 2014年8月
  63. 2014年7月
  64. 2014年6月
  65. 2014年5月
  66. 2014年4月
  67. 2014年3月
  68. 2014年2月
  69. 2014年1月
  70. 2013年12月
  71. 2013年11月
  72. 2013年10月
  73. 2013年9月
  74. 2013年8月
  75. 2013年7月
  76. 2013年5月
  77. 2013年4月
  78. 2013年3月
  79. 2013年2月
  80. 2013年1月
  81. 2012年12月
  82. 2012年10月
  83. 2012年9月
  84. 2012年7月
  85. 2012年6月
  86. 2012年5月
  87. 2012年4月
  88. 2012年3月
  89. 2012年2月
  90. 2012年1月
  91. 2011年12月
  92. 2011年11月
  93. 2011年10月
  94. 2011年9月
  95. 2011年8月
  96. 2011年7月
  97. 2011年6月
  98. 2011年5月
  99. 2011年4月
  100. 2011年3月
  101. 2011年2月
  102. 2011年1月
  103. 2010年12月
  104. 2010年11月
  105. 2010年10月
  106. 2010年9月
  107. 2010年8月
  108. 2010年7月
  109. 2010年6月
  110. 2010年5月
  111. 2010年4月
  112. 2010年3月
  113. 2010年2月
  114. 2010年1月
  115. 2009年12月

→カテゴリー

  1. ご質問について (10)
  2. インフォメーション (5)
  3. コラム (453)
  4. 整体 (5)
  5. 日記 (3)
  6. 気功(ヒーリング) (43)

RSS

 

リンク

Copyright © 2009静岡の整体・気功クラリオンヒーリング. All Rights Reserved.

住所:静岡市駿河区西中原2丁目7-63 メゾン西中原110号

メール相談