静岡の整体・気功・ヒーリング

クラリオンヒーリング(整体・気功)

トップページヒーリングの考え方施術技脳と体の関係自然治癒力プロフィール・施術料金Q&Aコラム(日々創感)お問合せメンタルヒーリング

コラム|整体・気功(ヒーリング)について



腰痛からといって、すべて腰回りの筋肉をほぐせば良いというわけではありません。ギックリ腰は、筋肉疲労などによる筋線維の損傷ですが、ヘルニアは骨格(腰椎)に原因があります。腰回りの筋肉が硬くなるのは同じですが、ヘルニアは筋肉が硬くなるのは2次的なもので、腰椎に原因があり周辺の筋肉までほぐしてしまうと歩行困難になってしまうのです。

ヘルニアを引き起こしている腰椎を守る為に、腰回りの筋肉が硬化したので、この場合は筋肉まで すぐほぐす必要はないのです。ヘルニアの場合は、圧迫している椎体のストレスをとる為に、椎間板を少し広げるだけで痛みはほぼ取れます。

またギックリ腰もいくら硬くなっているからと言って、ぐいぐい押圧するのは望ましくありません。筋線維が損傷しているのは、捻挫と同じ症状なのです。足首など捻挫した場合、その部分をもむことはしません。なのでギックリ腰でもむのは、邪道なのです。これは、むち打ちでも同じです。

クラリオンヒーリングでは、損傷した筋肉が早く治るよう、副交感神経を働かせ自然治癒力を促す施術をしますので効果があるのです。



施術で水晶をなぜ使うのか?よく聞かれます。その理由は、邪気を吸い取ってもらっているので使用しています。

これは、水晶のブレスを使っている人はおわかりかと思いますが、水晶は邪気を吸ってくれるのです。それで変色したりして解るのですが、私は邪気を吸い取ってもらい体への負担を極力減らす為に使っているのです。

邪気(滞っている気)は、人によって大変重く感じられることがあり、時に私の肩まで重くなってしまう事があるからです。私に入った邪気は、すぐ抜くようにしているので問題はないのですが、施術は指先の微妙な感覚を重要視していますので水晶は欠かせないものとなっているのです。



こりは、もんでほぐすことを繰り返していると、こりの呪縛から逃れられなくなります。こっている部分をたたいたり、もんだりしていると、次第により強い押圧でないと効かなくなるのです。

これは、筋肉の線維がもむことによって、傷つけられその事で筋肉が強く太くなる為です。もみ返しは、筋線維が傷つけられたことでおこる症状です。

野球のピッチャーが登板後、肩をアイシングして冷やしていますが、痛めた筋線維は冷やすことで早く修復するのでそうしているのですが、人間の機能の一つとして、損傷した箇所はその部分が強くなる性質があります。骨折した箇所は、以前より太くなるのと同様に、筋肉の線維も強く太くなるのです。

スポーツなどで、筋肉を強くするのはよい事なのですが、こりの場合ずっとほぐし続けなければならなくなります。しかも強く押圧しなければ効かなくなるのです。その為、クラリオンヒーリングでは、もむことはしないのです。副交感神経を働かせることで、体はリラックスするので、容易に筋肉はほぐれていくのです。



気功やヒーリングは、目に見えないでしょ、非科学的だから信じていない。先日、面と向かって言われました。その人とはそれ以上会話はしなかったのですが、実は科学は目に見えないものが70パーセント以上あると言われており、科学者はそれをを研究することが意義があり、美徳であると考えているそうです。

気功も以前は、科学技術庁で研究された経緯もあり、非科学的と考えることは浅識にほかならないのです。HPには、気功を科学的に説明してありますので御一読ください。



クラリオンヒーリングでは、肩こりを根本解消する為に、脊椎(胸椎)の椎間板を広げる施術をしています。特にデスクワークをしている人は、猫背になりがちです。肩甲骨の部分の胸椎の椎間板の緊張を取る(広げる)施術をすることで、血流も良くなり肩こりにならない体質へと変わっていくのです。

椎間板は、加齢とともに間が狭くなっていき、ヘルニアなどの症状がでます。要手術の人でも、私の施術を受けることで回避できました。この施術は、他の治療院ではできないものです。肩こり、腰痛などで長年苦しんでいる方、是非お試しください。

最近の記事

アーカイブ

リンク

Copyright © 2009静岡の整体・気功クラリオンヒーリング. All Rights Reserved.

住所:静岡市駿河区西中原2丁目7-63 メゾン西中原110号

メール相談