静岡の整体・気功・ヒーリング

クラリオンヒーリング(整体・気功)

トップページヒーリングの考え方施術技脳と体の関係自然治癒力プロフィール・施術料金Q&Aコラム(日々創感)お問合せメンタルヒーリング

コラム|整体・気功(ヒーリング)について

人類の歴史は、400万年とも言われています。多種多様な動植物の中で淘汰され、この400万年を生き抜いてきた人類。この歴史は、様々な病原菌やウイルス、細菌との戦いでした。その中で身に着けたのが、免疫力なのです。この免疫力は、厳しい環境であればあるほど、適合しようとする能力でもあります。

しかし、近年人類は住みやすい環境を求めるあまり、免疫力は低下していく状況にあります。ここ30年~40年が、それまでの400万年間における人類史の生活を一変させてしまったのです。近年エアコンがどの家庭にも普及し、夏涼しく冬は暖かく一見すると住みやすい環境ですが、人間の本来持ち合わせている体温を維持調節する機能が損なわれる結果となってしまいました。

その良い例が、熱中症です。数十年前までは、この症状はほとんど表れませんでした。幼少期から、エアコンのある生活が日常化してしまうと、夏の暑い時に汗をかくという事で体温をさげるという、恒常性の維持機能が働きにくくなってしまいます。また冬場の暖房も同様です。
また、抗生物質を服用しすぎると、病原菌自体が抗体を持ったり、形を変異させたりして、薬に対して抵抗力を持ち、抗生物質が効かなくなってしまうのです。

文明の進化と共に、体は適合性を失っていくという皮肉な結果になっています。

単に凝りをもんだり、押圧する施術は、筋肉の線維を痛めてしまいます。その酷くなったものが、もみかえしになります。もみかえしは、筋肉が炎症をおこしているので、冷やさなければなりません。(ピッチャーが登板後、肩を冷やしていますが同じ考え方によるのもです。)ただここで問題になるのが、痛めた筋線維が修復されると、筋肉が太くなり強く変化します。骨折するとその部分の骨密度があがるように人間の体は損傷したり、体に負荷がかかるとその箇所が丈夫になるようにできています。

凝りの場合、もむ施術ばかり繰り返していると、筋肉が丈夫になるので、より強くもまないと効かない(ほぐれない)体になってしまい、常にもむ施術に依存してしまうようになります。強くもまれた時、無意識に体に力が入ってしまい、施術師はより強くもむことをするので悪循環になってしまいます。その結果、ずっと整体に通わなければならず、結局諦めてしまう人が多いのです。鍼灸も同様で、同じ個所ばかり針をうっているとその部分の筋肉が硬くなってしまいます。

整形外科でも、むち打ちなどの症状で牽引をしますが、副交感神経が働いていない状態で牽引(ひっぱる)ので、体は無意識に抵抗し逆に踏ん張ってしまうことも逆効果です。副交感神経が働いていれば、全く力を加えることなく首の硬くなった関節や筋肉を緩めることができるのです。

クラリオンヒーリングでは、主に関節をほぐすことをしますが、同時に筋肉までほぐすという手法を使っていますので、ほとんど筋線維は痛めません。しかも強く押圧しません。施術後は、重いよろいを取ったような爽快感になります。

注)ただし筋肉の疲労であれば、その疲労を取るスポーツマッサージの施術は効果があります。また、経穴(ツボ)だけを押圧する指圧や鍼灸も有効です。


交感神経過剰な体質ですと、不眠症になったり筋肉が硬くなったりと自然治癒力が働きにくい体になってしまいます。脈拍が上がり心臓にも負担をあたえるのです。野球の応援などで、ピンチやチャンスの時、ブラスバンドがテンポが速くなるのも心臓の鼓動が速くなるのが原因です。

心肺機能は、リラックスさせる時間も必要なのですが、心臓の鼓動は呼吸と連動しており、深呼吸すると次第に落ち着いていきます。酸素を多く取り入れることで、脳もリラックスし体の緊張も取れていきます。

クラリオンヒーリングでは、肋間(ろっ骨の間)の筋肉をほぐし、横隔膜の緊張を取っていく施術もしています。そうすることで、より深い深呼吸ができるようになります。是非お試しください。


他の施術院で、あまりのコリの酷さに断られた患者さんが当院に来ます。そんなコチコチの硬いコリでも、ほぐすことは可能です。

これは、単に力技でほぐすことをしないので、患者さんにも負担がかかりません。主に関節を緩めていく独自の手法を取っているので、それが可能なのです。関節をほぐすことで、周辺部の筋肉もほぐれていくのです。特に脊椎の椎間板をほぐす手技は、中枢神経の緊張も取っていくので、体が軽く感じられるだけでなく頭もすっきり爽快に感じられます。

しかし、長期間コリを放置し、コリが痛みに感じられる方の中で、ごくまれにコリがほぐれていく時の心地よさが感じられない人がいます。コッテいる体に体が慣れてしまい鈍感な体にさせてしまうのです。ただ、施術後は体を動かすと可動域が広がっていく事に気が付くので納得は頂いています。


足首や膝が硬いと腰痛になります。それは、足首・膝がサスペンションの役割を果たしており、地面からの衝撃を吸収ことをしているからです。捻挫などで靭帯や関節部を痛めるとその部分が硬結していきます。その為柔軟性がなくなるのです。

ジョギングなどをしている時、それまではつま先から着地していた動作が疲れてくると、かかとから着地するようになります。そうすると、衝撃が直接膝や腰に伝わってくるのです。

クラリオンヒーリングでは、腰痛の際腰の施術だけでなく、足首・膝の施術をすることを重要視しています。

最近の記事

アーカイブ

リンク

Copyright © 2009静岡の整体・気功クラリオンヒーリング. All Rights Reserved.

住所:静岡市駿河区西中原2丁目7-63 メゾン西中原110号

メール相談