静岡の整体・気功・ヒーリング

クラリオンヒーリング(整体・気功)

トップページヒーリングの考え方施術技脳と体の関係自然治癒力プロフィール・施術料金Q&Aコラム(日々創感)お問合せメンタルヒーリング

コラ


<div id=


脳も、加齢とともに萎縮していきます。この萎縮は、老化でもありますが、怒りや憎悪といったネガティブな感情でも
起こります。また固定概念が強くなりすぎると、硬くなり萎縮します。考え方に柔軟性がなく、決めつけてしまう事です。
お年寄りは、頑固と言われるのは脳が委縮している為です。

子供の頃は。固定概念が無いので、人の言う事をすぐに信じてしまいます。脳は軟らかく、全てを受け入れる状態に
なっています。わがままを言いますが、これは決して頑固ではなく”自分の願望を叶いたい、受け入れてほしい”という
感情から起こる言動です。

この感情の領域は、海馬・扁桃体・帯状回といった大脳辺縁系の部分を言います。また脳幹も関わっています。
これらは、潜在意識の領域です。

クラリオンヒーリングの脳をほぐし施術は、特にこの部分を軟らかくする、子供の頃の軟らかい脳に戻すことをしています。
大脳辺縁系や脳幹が、ほぐれるとどうなるのか?
1、寛容になり、ゆるせるようになります。
2、客観的に物事がみれるようになります。
3、イライラ感が減ります。
4、嫌な事があっても引きずらないように変化していきます。

もちろん、持続性はありますが、精神的病でお薬を服用している方は、メンタルヒーリングも行うとより効果が
顕著に表れます。


体温コントロールの機能もはたしている脳幹。後頭骨の内側にあるので、通常この部分を施術することはできません。

気功術だから施術できるのです。脳幹が硬くなっていると、施術時重く感じられますが次第に軽くなり、頭全体が軽くなっていくのを実感して頂けます。
加齢とともに、熱中症の危険度が高まるのは脳幹の機能の衰え(老化)によるものです。

脳幹は、ストレスの影響を受けやすいので注意してください。後頭部に頭痛を感じている方は、特にご注意ください。


他の治療院に行き効果が出ず、当院に診える患者様はかなり多いです。

そんな患者様が、異口同音で言うのが ”腰痛があるのにグイグイもまれてさらに痛くなった”など・・・患部をもまれて痛くなったという声を
頂きます。

例えば、ぎっくり腰でもんで治すというのは、かなり難しいです。ぎっくり腰は、腰の周りの筋肉の捻挫です。捻挫は、通常もんでは治しません。
手首や足首を捻挫した場合、動かさないように固定するだけ。捻挫した時は、患部が炎症をおこしていますので、冷やしますがそのあともんだり
すると、かえって痛みが増すばかりでなく、治るまでの期間が延びてしまいます。
腰の捻挫も、もむとかえって治癒を長引かせてしまうだけなのです。

クラリオンヒーリングでは、もまずに血流を促し、自然治癒力がより働きやすくなるよう全身をリラックスさせ副交感神経を働かせ
改善を促す施術をしています。体への負担がほとんどないので、他の施術よりも改善が早いのです。


頭が痛いと小学生で施術を受けるお子さんが増えてきています。

全身を診ると、体もコチコチ。酷い肩こり・腰痛があり、それは大人並みです。
コリの程度は、触診でわかりますので大人との比較ができるのです。

勿論小学生のうちから、整体などのもむ施術は厳禁です。
もみ癖が出来てしまうからと言われていますが、実際はこの年代で寝ても疲労が取れない事が問題です。

子供もストレスを感じています。親が厳しすぎたり、学校の先生の影響を受けたりと大人からのストレスを受けています。
脳の緊張をとる事で、大人より改善が早く一気に体のコリが緩んできます。

勉強への影響もありますので、子供の頭痛で悩んでいる方はお早目の施術をお勧めします。


子供のうつは、親が原因です。そのことに、親が気が付いていないことが問題視されています。

過度のしつけであれば、むしろしない方が良いのです。しつけは、ただ親の考えを押し付けているだけ。
酷い場合、親のストレスをただぶつけているケースもあります。
子供は、人の感情をただ受け入れるだけです(モデリング)。親の感情が、不安定だと子供も不安定になります。

親は、子供にどのように接したらよいのか?

身だしなみは、美しくすること。それを躾(しつけ)といいます。
つまり、親は身を美しくすごすことで、子供はしつけられます。
1、親は、嘘はつかない。->子供も嘘はつかなくなります。
2、親が仲良くする。->子供も仲良くできます。
*親の言動が行動と一致していないと、子供は混乱親への信頼が薄くなります。

しつけをする際の注意ポイント
・過保護、過干渉にならない事が大切です。
父親が、会社でのストレスが辛いあまり、家では娘に好かれたい、親子関係というより友達関係のように接している方がいますが
子離れできない、親離れできない関係は将来的に問題を引き起こします。

子供は、将来的に社会適応したい、人と上手におりあいたいという気持ちがあり、親は自立させてあげることが重要です。
自立とは、自ら決断させることで、そのことに責任を持たせる事を言います。

そのような子育てをすることで、精神的に強い人間ができるのです。

最近の記事

アーカイブ

→月別アーカイブ

  1. 2019年12月
  2. 2019年11月
  3. 2019年10月
  4. 2019年8月
  5. 2019年7月
  6. 2019年6月
  7. 2019年5月
  8. 2019年3月
  9. 2019年2月
  10. 2019年1月
  11. 2018年11月
  12. 2018年10月
  13. 2018年9月
  14. 2018年8月
  15. 2018年7月
  16. 2018年6月
  17. 2018年5月
  18. 2018年3月
  19. 2018年2月
  20. 2018年1月
  21. 2017年12月
  22. 2017年11月
  23. 2017年10月
  24. 2017年9月
  25. 2017年7月
  26. 2017年5月
  27. 2017年4月
  28. 2017年3月
  29. 2017年2月
  30. 2017年1月
  31. 2016年12月
  32. 2016年11月
  33. 2016年10月
  34. 2016年9月
  35. 2016年8月
  36. 2016年7月
  37. 2016年6月
  38. 2016年5月
  39. 2016年4月
  40. 2016年3月
  41. 2016年2月
  42. 2016年1月
  43. 2015年12月
  44. 2015年11月
  45. 2015年10月
  46. 2015年8月
  47. 2015年7月
  48. 2015年6月
  49. 2015年4月
  50. 2015年3月
  51. 2015年2月
  52. 2015年1月
  53. 2014年12月
  54. 2014年11月
  55. 2014年10月
  56. 2014年9月
  57. 2014年8月
  58. 2014年7月
  59. 2014年6月
  60. 2014年5月
  61. 2014年4月
  62. 2014年3月
  63. 2014年2月
  64. 2014年1月
  65. 2013年12月
  66. 2013年11月
  67. 2013年10月
  68. 2013年9月
  69. 2013年8月
  70. 2013年7月
  71. 2013年5月
  72. 2013年4月
  73. 2013年3月
  74. 2013年2月
  75. 2013年1月
  76. 2012年12月
  77. 2012年10月
  78. 2012年9月
  79. 2012年7月
  80. 2012年6月
  81. 2012年5月
  82. 2012年4月
  83. 2012年3月
  84. 2012年2月
  85. 2012年1月
  86. 2011年12月
  87. 2011年11月
  88. 2011年10月
  89. 2011年9月
  90. 2011年8月
  91. 2011年7月
  92. 2011年6月
  93. 2011年5月
  94. 2011年4月
  95. 2011年3月
  96. 2011年2月
  97. 2011年1月
  98. 2010年12月
  99. 2010年11月
  100. 2010年10月
  101. 2010年9月
  102. 2010年8月
  103. 2010年7月
  104. 2010年6月
  105. 2010年5月
  106. 2010年4月
  107. 2010年3月
  108. 2010年2月
  109. 2010年1月
  110. 2009年12月

→カテゴリー

  1. ご質問について (10)
  2. インフォメーション (5)
  3. コラム (442)
  4. 整体 (5)
  5. 日記 (3)
  6. 気功(ヒーリング) (43)

RSS

 

リンク

Copyright © 2009静岡の整体・気功クラリオンヒーリング. All Rights Reserved.

住所:静岡市駿河区西中原2丁目7-63 メゾン西中原110号

メール相談