静岡の整体・気功・ヒーリング

クラリオンヒーリング(整体・気功)

トップページヒーリングの考え方施術技脳と体の関係自然治癒力プロフィール・施術料金Q&Aコラム(日々創感)お問合せメンタルヒーリング

コラ


<div id=

30代のシングルマザーです。実家に居り、2歳の子どもがいます。

要約しますと、実家で同居している引きこもり(約10年)の弟が、1年程前から大声をあげたり、物を壊したりするようになりました。

夜中に暴れることが多く、今年に入り警察沙汰になったことも何度もあります。
家具や窓ガラス、私の子どもの椅子も何度も壊されました。

警察の方の話だと、通っていた精神科の先生に裏切られた、それが許せないということのようです。(もともとは育ってきた環境のせいで引きこもりになった、と本人は言っており、重い腰をあげて精神科に通うようになりました。)

市の保健師さんをはじめ、警察、地域の精神科の先生にも相談に行っておりますが、改善の兆しが見えません。
強制入院させて欲しいとお願いしても、母が嫌がり、結局何もかわらないまま1年が過ぎようとしています。

保健師さん曰く、弟は精神病には見えない(=ある程度自分でコントロールしているように見える)と言います。

又、やはり母親の考え方、育て方、祖母の考え方にもかなりの偏りがあり、保健師さんがアドバイスをしてもなかなか受け入れない(自分の考え方を曲げない)傾向にあるため、双方のベクトルがちがう方向に向いているように思います。

また、これは母がいけないのですが、昔から跡取りである弟に「注意」することをしてこなかったので、いまだにそれができず、弟が物を壊したりしても、それを許容していることも良くないと思っています。
いちど、私が弟に注意したのですが、案の定逆上して、圧力をかけてきて、殺されるのではないかというくらいの恐怖でした。

私は出戻りの身ですし、子どもに悪影響が出る前に、実家を出れるものなら出たいですが、子どもが小さく手がかかること、実家を出るだけの資力もまだないため、もう少しだけ実家で貯蓄をし、資力を付けたら、いずれは出たいと思っています。

一番悩んでいることは、弟のことが原因となり、
近所の方の冷たい視線や、将来のことを考えると、私も前向きになれず、
本当であれば、子どものことを第一に考えてあげなければいけないのに、毎晩弟の行動に怯え、子ども第一になれないこと、自分の好きなことが出来ないことです。

元夫の激しいモラハラとDVで離婚して、やむを得ず都会から田舎に戻り、まだその傷跡もぬぐえないですが、それがひと段落する間もなく、今度は弟によるDVが始まってしまい、気が休まりません。

まだなかなか前向きにはなれませんが、出来ればまた恋愛したり、ママ友と遊んだり、自分のペースで過ごしてみたい。自分の家も欲しい。ご縁があれば、また結婚して、もう1人くらい子どもも欲しいな…とも思っています。

でも、弟がこのままなら、結婚相手は見つからないだろうということ(離婚するとき、相手の親から、弟の引きこもりのことをすごくチクチク言われたので…)、
もし弟が今の状態のままだと、将来面倒を見なければならないのかと思うと(母からも無言の圧力がかかっています。)、自分の人生を母と弟に縛られているようで、
元夫からの裏切りのこともあり、本当に私自身明るい未来が見えず、消えていなくなりたいとさえ思ってしまいます。。。

先の見えない未来に、死にたいと何度も思いましたが、子どもの顔を見ては躊躇い…の繰り返しです。

そんなとき、気難しい母と祖母、精神病の弟の間で板挟みになっている私のことを保健師さんが気にかけてくださいました。

元々は、弟の相談で母といっしょに保健師さんのところへ行ったのですが、母の偏った考え方、弟のDVの話をしていくうちに、保健師さんが「お姉さんのフォローが必要だ」と判断してくださったようで、とても有難かったです。

母、弟のカウンセリングとは別に、(母たちには内緒で)私の心の相談、フォローもしていただいております。
(保健師さんは、私・母・祖母の3人との面談をしましたが、「私がいちばん客観的に物事を見ることが出来ている」「どんなに悪いようにとらえても、必ずその人の良いところを見出そうとしている」と仰ってくださり、それが励みになっています。)

母は私がカウンセリングが必要だとは全く知らずに、今も言いたいことだけを言ってくる状態です。
もともと考え方が変わっていることと、
昔から弟ばかりを立ててきたこともあるので、私が悩んでいたりしても「死にたいならどうぞ」消えたいならそうすれば」と言って来たり、
「あんたにアクア(車)なんて買えるわけないでしょ~。○○(弟)が欲しいって言ったら買ってあげるけど、あんたはダメ」「あんたには財産は残さない!」
と私を貶したりするので、この人にとって私は何なんだろうと思ってしまいます。

そのくせ、弟の面倒をみるように圧力をかけたりしてきて…意味が分かりません。
ただ、出戻りの分際だし、子どもの面倒も見てもらっているので、言い返すことに罪悪感もあります。実際言い返しても、「あ~そーですか、それはそれは、悪かったですね~~」みたいな反省していないような謝り方なので、結局は見下されているのかな…とも思います。

先日保健師さんの勧めで精神科の先生とお会いしました。
ただ、私には精神科は向いてないかな…と思いましたが。

私はどうしたら気が晴れるでしょうか。

 

クラリオンヒーリングの心理カウンセリング

こんばんは、Aさん。

心の病になってしまう人(子供)には、ほぼ共通の親の教育があります。
1、しつけが厳しい。家系のしきたりや親のプライドが高い。
2、あまりほめない。もっと頑張るように言い続けられる。
3、過保護・過干渉で子供の意見を優先しない。

親は、子供の為に行っていると勘違いしています。Aさんの母親は、自分の人生で育てられたことを、そのままAさんや弟さんにしているだけなのです。自分の考えがないので、弟さんの現状に対し解決策を見いだせません。母親が、別の方法で育てることができなかったのは、そうすると自分の人生を否定することになるからです。この部分を、母親が理解してくれると状況は変わると思うのですが・・・。

弟さんが、あばれる理由ですが、母親がしかることをしてこなかったことが原因の一つに考えられます。これは、子供の”親からしかられたい”という潜在意識に起因するものです。しかられて、親からの愛情を確認していることを、ヒトは無意識にしています。子供はしかられないと、無視しているまたは関心が無いととらえることがあるからです。また母親がしからなかった理由は、弟さんから嫌われたくなかったことが原因として考えられます。

私のカウンセリングで、このような実例がありました。
30歳の男性が、万引きを(店員から見て分かるように)しました。当然見つかり、警察に通報され、親も呼び出され、対面した時その男性はホットしたというのです。通常は、自分が恥ずかしい、面子が立たないなどということを考えるのですが、その男性は、親と会って安心してホットしたというのです。話を聞くと、今までしかられたことが一度も無く、親からしかられる為に、そのような行為に及んだという事です。幼少期の第一次反抗期が、これに該当します。

その他、弟さんは母親の感情を学習していますので、自分の思う事と一致していないと、自分が否定されている気分になるということです。これは、母親も祖母も同じ感情です。ただ、あばれたり否定しているといっても、心は孤独なので弱い部分も見せると思います。

肝心のAさんが、どうしたら気分が晴れるかですが・・・
現在保健師さんと話しているように、Aさん御自身の心の悩みを、解決していくことだと思います。
まず、お子さんとご自分の事を優先して考えることです。
例えば、御自分を否定してしまう習慣、人と比べてしまう習慣、・・・などネガティブに考えることを止め、ポジティブに受け取るように思考を変える。
この思考は、潜在意識が関わっていますので”考え方を変えよう”と思っても自力では中々変える事は難しいです。行動認知療法などの改善の方法もあります。

Aさんが、お子さんとご自身の幸せを感じ、余裕が出てきたときに弟さんの事を考えた方が賢明だと思います。
一日も早い改善を祈っております。

30代女性 yukaさんからのご主人についての悩みです。

はじめまして。
聞いてほしい事たくさんあり、うまくまとめられず読みずらいかもしれませんが、宜しくお願いします。

主人との生活に疲れてしまいました。
主人からも何も話してくれない、子供も懐かないこのまま一緒に居ても、、、と離婚話が出ました。

遡れば、結婚してすぐに主人が姑のような感じで細かく私を注意するようになってから喧嘩が増えました。そして2年前に娘を出産した前後から主人とうまく行かなくなりました。
主人は典型的なA型で、私はA型ですがおおざっぱな方です。

例えば、食事の用意中にお皿やお箸をきちんと揃えないでポンポン出していくと「お箸はココ、お茶碗はココ」等、細かく説明します。
私が「座ってるんだからやってくれてもいいんじゃない?」と言うと「いやそこまでやろうよ、そういう所適当だよね」と言われ、時間に追われて急いでいるときにまたパパパっと出してしまった時は必ず細かく説明されます。
一緒に買い物にいけば、賞味期限確認したか? お好み焼きの粉を買えば、これ夜食べると太るんだよね、買った商品を袋に入れていれば、もっときれいに入れられないの?と自分で入れ始めます。服を見たいといえば、、俺が見る店が無いと言われ一緒に買い物に行かなくなりました。

共働きですが、主人の方が会社にいる時間が長いので家事はすべて私がやるのが当たり前と言われました。主人は「母親(実母)もずっと働いていたが、子育ても家事もすべてやっていたからyukaが出来ない訳がない。yukaのお母さんだってやってるし、yukaなら出来ると思うから俺はやらないんだ」と言われたことがあります。

料理でも、私の作っているやり方を見てこれは違うあれは違うといいながら、出来ないからやってと言うと「俺も見たことあるだけでやったことはない」という始末。

頭にきて、喧嘩した時にyukaは甘やかされて育っていて何も知らないから教えてあげていると言われたことが頭から離れません。

やることなす事に口出されていましたが、ダメな部分だけではなかったのでなんとか楽しく生活していました。

そして、妊娠中に浮気が発覚しました。
主人と喧嘩し、最後まで何もしていない食事だけ等といっていましたが、ここで主人に対する信頼と尊敬が無くなったように感じます。
出産してすぐにほぼ休みだった土曜日は毎週出勤するようになり、初めての育児で奮闘しているのに育児に関わってきませんでした。
理由を聞くと、仕事が忙しいからと言われました。
休みの日はダラダラ1日中寝ているか、趣味で出かけてしまう日々でした。(出産前は私が休みの日くらい寝かせてと言っても起こしていた人です)
主人から俺の給料だけではキツキツだからと言われ仕事復帰しましたが、それでも育児も家事もしてくれません。

何かしてあげたり、何か話せば私が嫌だなって思う事が帰ってくる生活をしていたら主人と話をすることができなくなりました。
もともとカッとなって怒る性格ではなく貯めてしまうほうですが、どんどん何も言えなくなってしまいました。
相手から言われる言葉でたくさん傷ついたので、自分がいう事で相手を傷つけている事ではなく、相手を傷つける自分が嫌で何も言えないんだと思います。

主人は話しかけてきますが、もう喋るのも顔を見るのも嫌で返事のみです。
主人に今日の出来事を話したいとかも思わないし、何か伝えなきゃいけない事も、主人目の前にすると言葉に詰まります。

実母に相談すると、完璧な人なんていなんだからとかきちんと言わなきゃ伝わらないとか言われます。
そんなことは言われなくても分かっていますが、うまく伝えられないし、言葉が出ないんです。

何度も離婚に悩んでいますが、踏み切れず、主人との会話がほぼないまま2年経ちます。

喋りかける主人に対して返事のみの私は完全にモラハラをしているようです。

それに、最近離婚話が出た時に、「yukaはもっと頑張れるのに頑張ろうとしない」と言われました。
家事も育児も仕事も完璧じゃないけど、手を抜く部分もあるけど頑張っている。でも主人には私が頑張っていないように見えているようです。

こんな状況、もうどうしていいか分かりません。
気が抜けると涙が止まらなくなります。

 

クラリオンヒーリングの心理カウンセリング

こんばんは、お悩みの件 拝見いたしました。

相当、ご苦労されているようで、心中ご察し申し上げます。

yukaさんにとっては、ご主人の行動や言動が理解できない部分もあると思いますので、まず心理分析でアドバイスしたいと思います。

ご主人は、yakaさんも感じているように、完璧主義です。本来は、完璧である自分に対し、疲れることもあるのですがそのことに気が付かないこともご主人に問題があります。これは、妻に合わせず、自分に合わろという事です。

ご結婚される前のお付き合いしている時は、ご主人はどのような感じでしたでしょうか?その時、ご主人は自分の事を優先せず、yukaさんに合わせたのであれば、ご主人は異性への愛を間違って考えていた可能性があります。

また、ご主人は実母とyukaさんと、比較されているようですが親離れできているのでしょうか?もしかしたら、yukaさんには妻になってほしいというよりも、母親になってほしいと思っているかも知れません。母親と同じような事を要求するので、ご主人は要求が高いのです。2年間も、夫婦間の会話があまりなく、もしご主人の方から不満がでないのであれば、yukaさんが母親の仕事をしているからです。

一般的に、子供が生まれれば可愛くて仕方がありません。飲んで帰るのが、当たり前だった亭主が、子供が出来てからまっすぐ帰るようになったなどという話は良く聞きます。それが出来ず、あまり面倒を見ないのは、ご主人は父親になっていない証拠なのです。

父親になる自覚がないので、浮気などしてしまうのです。

完璧主義の人は、人にも自分と同様の事を要求します。多分会社でも同じようにしているのでしょう。

yukaさんに、認識してほしいのは、子育てを最初からうまくできる人はいないですし、間違いをおかしても十分取り戻せるということです。頑張るといっても、それを受け止める赤ちゃんが、満足してくれなければどうにもならないのです。うまくやろうと思っても、なかなかできないのが子育てです。

ストレス発散には、泣くことも重要ですよ。涙という文字は、さんずいに戻すと書きますが、泣くとスッキリすることもありますので、心を打ち明けられる人に今の思いを話した方が良いと思います。

今後どうするかですが、ご主人に考え方を変えてほしいのであれば、口頭で言うのではなく文章で伝えた方が良いと思います。

30代主婦の方からの育児の悩みです

はじめまして。
3人の息子、1人娘と主人の6人家族です。

どんなサイクルなのか、時に子供にイライラしてビンタしてしまいます。またそんな波が来て辛い日々を過ごしてます。今がまさにその時です。
過去には、1メートルものさしで長男を何度もシバいた事もあります。

最近の話です。
次男が授業妨害をすると担任の先生から、コッソリ授業を見に来て声を聞いて欲しいと言われ、2~3度出向きました。その光景は、昔よく居た目立ちたがり屋のヤンチャな子で「我子ながら元気な子供」という印象でした。ですが次男は騒ぎながらも授業を理解していますが一緒になって騒ぐ子達の成績が落ちてると言われ、家でゆっくり話をしました。そのかいもなく次はイジメをしてしまい、一緒に謝りに行く事もありました。
そんな時にフッと三男のランドセルをチェックしてみると、未回答、未提出や未訂正の宿題が何枚も出てきて、一緒にプリントを2、3日かけてやり直しました。
そして長男の期末テストが終わり、40点代のテストを3枚も見せられてついに切れて長男を何度も何度もビンタしてしまいました。
中間テストは、目を光らせてたからか、よく頑張って居たし、結果ももちろん着いてきてたので、期末では勉強しなさい!と中間の時ほど言ってません。長男の○時間勉強した!を信じてましたが、全て嘘でスマホを楽しんでた様です。

今週末は次男三男のスポ少で留守をする事が多く、長男に勉強を2頁だけはしといてね。と伝えて出掛けました。ノートは半分のみ昼食の食器はそのままで鍵もかけず外出してました。我が家は自営業だし、鍵だけは!といつも伝えてますが。。。

主人には、父親としての威厳がなくなるから、子供を叱らないで。と話してるのに、毎朝 自分の気分で子供達を怒鳴ります。
家事やパート等、お前には無理やろ~と頑張ってる事をサラっと言われます。

最近よく思うのが、私の両親も毎日 私を叱っていたな、こんな必死に私を育ててたんだな。ですが、私は毎日毎日 子供を叱るのが辛いのです。
ですが実母や義母は他界して、頼る場所がないし悩みを素直に打ち明ける場所もありません。ママ友に話しても「元気な子供でいいじゃん、将来 大物になるよ。」と悩みに対してのまともな言葉が返って来ず1人モヤモヤしてます。とてもとても必死なのに。

外では、子供に罵声を飛ばしたり叩いたりするイメージはない様に見えるらしいのですが、、、

思い出すと感情的になり、まとまらない文章になってしまいましたが、カウンセリングお願いします。

 

クラリオンヒーリングの心理カウンセリング

はじめまして、お悩みの件拝見いたしました。

まずお子様に、勉強しなさいと叱っても、勉強するようになるとは限らないと認識すべきでしょう。

親に~しなさいと言われて、イヤイヤしても子供の身につかないのです。

Aさんも、子供の頃のことを考えて今でこそ、”親が必死に育てていたんだな”と思うのでしょうが、その当時は親のしつけに対して嫌悪感を抱いたことがあったのではないのでしょうか?今、お子さんを叱って辛いのは、ご自分が辛かったから、同じ思いをさせたくないことからくる感情です。

そもそも、しつけとは子供自身が”それは自分が悪かった”と認識させることが重要なのです。そうは言っても、子供は素直に聞かない、反抗することで悩んでいると思います。

子供は自立心を持ち始めると反抗します。言う事を聞かないのが通常なのです。周囲の方が、元気で良いじゃんと言ったのは、その部分を見ているのでしょう。小さいお子さんですと、駄々をこねて親からの愛情を確認することをしていることもあります。

スマホやゲームばかりして悩む親御さんが多いですが、楽しいからやめられないので、やり続けてしまうのは当然です。

Aさんが、勉強が楽しいと感じていればその楽しさを伝えてあげれば、子供は勝手に勉強するようになります。勉強することが、将来貴方(子供)の為になると言っても、子供には、伝わらないです(理解できません)。

また子供は、日頃の親の言動や行動を見ているので、ネガティブなことは厳禁です。親の背中を見せることが重要なのです。つまり子供の言動や行動は、自ら(親)の写しであると考えた方が良いです。

今後もビンタやシバクことを続けると、お子さんが対人関係で萎縮したりうまくなじめなくなってしまう可能性があります。

対策ですが、記述しましたようにお子さんに勉強は楽しいと思わせるように工夫してください。
ももかっぱさん自身のイライラ感は、ご自分の幼少期の親のしつけをそのまま受け取ってる可能性があります。まずそのことを、認識してください。

首コリ2

個人的には、肩こりや腰痛より首のこりの不快感の方が強く感じます。その理由は、首のこりは頭痛につながるからです。

脳は、体内に取り入れる約30%の酸素を消費すると言われていますが、首の筋肉が硬くなると血流が悪くなり、酸素が脳に行き届かなくなります。高山病と同じように、酸欠で頭痛が起きる他、めまいやふらつきも起きます。

クラリオンヒーリングの首の施術は、首全体をほぐす事が他の施術院と異なる点です。特に胸鎖乳突筋をほぐす事を重要視しています。鎖骨付近や甲状腺の施術も致します。顎下リンパの流れも改善します。

また、首のこっている方は顎の関節が硬いことが多いので、顎関節への施術も欠かすことができません。また後頭骨の裏側の筋肉もほぐしていきます。施術を受けると、骨格の裏側の筋肉がはぐれていくという今までには感じたことの無い感覚を味わっていただくことができます。

この首のこりが解れていく施術は、かなり気持ちの良く頭が軽くなっていくのを実感して頂けます。

最近の記事

アーカイブ

→月別アーカイブ

  1. 2019年12月
  2. 2019年11月
  3. 2019年10月
  4. 2019年8月
  5. 2019年7月
  6. 2019年6月
  7. 2019年5月
  8. 2019年3月
  9. 2019年2月
  10. 2019年1月
  11. 2018年11月
  12. 2018年10月
  13. 2018年9月
  14. 2018年8月
  15. 2018年7月
  16. 2018年6月
  17. 2018年5月
  18. 2018年3月
  19. 2018年2月
  20. 2018年1月
  21. 2017年12月
  22. 2017年11月
  23. 2017年10月
  24. 2017年9月
  25. 2017年7月
  26. 2017年5月
  27. 2017年4月
  28. 2017年3月
  29. 2017年2月
  30. 2017年1月
  31. 2016年12月
  32. 2016年11月
  33. 2016年10月
  34. 2016年9月
  35. 2016年8月
  36. 2016年7月
  37. 2016年6月
  38. 2016年5月
  39. 2016年4月
  40. 2016年3月
  41. 2016年2月
  42. 2016年1月
  43. 2015年12月
  44. 2015年11月
  45. 2015年10月
  46. 2015年8月
  47. 2015年7月
  48. 2015年6月
  49. 2015年4月
  50. 2015年3月
  51. 2015年2月
  52. 2015年1月
  53. 2014年12月
  54. 2014年11月
  55. 2014年10月
  56. 2014年9月
  57. 2014年8月
  58. 2014年7月
  59. 2014年6月
  60. 2014年5月
  61. 2014年4月
  62. 2014年3月
  63. 2014年2月
  64. 2014年1月
  65. 2013年12月
  66. 2013年11月
  67. 2013年10月
  68. 2013年9月
  69. 2013年8月
  70. 2013年7月
  71. 2013年5月
  72. 2013年4月
  73. 2013年3月
  74. 2013年2月
  75. 2013年1月
  76. 2012年12月
  77. 2012年10月
  78. 2012年9月
  79. 2012年7月
  80. 2012年6月
  81. 2012年5月
  82. 2012年4月
  83. 2012年3月
  84. 2012年2月
  85. 2012年1月
  86. 2011年12月
  87. 2011年11月
  88. 2011年10月
  89. 2011年9月
  90. 2011年8月
  91. 2011年7月
  92. 2011年6月
  93. 2011年5月
  94. 2011年4月
  95. 2011年3月
  96. 2011年2月
  97. 2011年1月
  98. 2010年12月
  99. 2010年11月
  100. 2010年10月
  101. 2010年9月
  102. 2010年8月
  103. 2010年7月
  104. 2010年6月
  105. 2010年5月
  106. 2010年4月
  107. 2010年3月
  108. 2010年2月
  109. 2010年1月
  110. 2009年12月

→カテゴリー

  1. ご質問について (10)
  2. インフォメーション (5)
  3. コラム (442)
  4. 整体 (5)
  5. 日記 (3)
  6. 気功(ヒーリング) (43)

RSS

 

リンク

Copyright © 2009静岡の整体・気功クラリオンヒーリング. All Rights Reserved.

住所:静岡市駿河区西中原2丁目7-63 メゾン西中原110号

メール相談