静岡の整体・気功・ヒーリング

クラリオンヒーリング(整体・気功)

トップページヒーリングの考え方施術技脳と体の関係自然治癒力プロフィール・施術料金Q&Aコラム(日々創感)お問合せメンタルヒーリング

コラム|整体・気功(ヒーリング)について

起立性調節障害

何となく体がだるい、慢性的に疲労感があり朝起きられないと言った悩みが

増えています。

起立性調節障害もその中の一つです。

医療的診断で、原因がはっきりわかればその部分の改善の治療を行えば良いと

思いますが、原因がはっきりわからない不定愁訴は、血流が悪く気の流れが

悪くなるのがその原因です。神経の緊張やストレスにより、脳幹が硬くなり

脳への血流を妨げるだけでなく身体全身への血流不足にもつながるのです。

最近の子供たちは、外で遊ぶ事が少ないこともその要因として考えられます。

また、親御さんの接し方も厳しかったりしてストレスを抱えるようになります。

脳幹は、身体を司る極めて重要な器官です。めまいや動悸、食欲不振になるのは

この為です。

脳が酸素不足になる事は、ちょうど高山病にかかったと同じ状態になるので

注意が必要となります。クラリオンヒーリングでは、脳幹をほぐす施術を行って

いますので早期に改善できます。学生の方であれば、平均3~5回位で改善を

実感できます。

大腰筋

インナーマッスルである大腰筋。深部筋であるので、通常のもみほぐしの施術

では触る事が困難です。ぎっくり腰や腰部椎間板ヘルニアで、大腰筋に原因が

ある場合この施術が重要となってきます。クラリオンヒーリングでは、背部から

の施術と腹部からの施術をします。椎間板が伸びる感じや腰回りが暖かく感じ

られ大腰筋が解されていく事を実感して頂けます。

軽微な症状であれば、1回で改善しますが、慢性化された状態でも3~5回の

施術で改善します。但しお年寄りの方で、骨格を支えるで筋肉が極端に衰えて

いる場合、手術をお勧めする事があります。

腰部椎間板ヘルニア

以前飲食店を経営した時に、2回腰部椎間板ヘルニアになり1週間仕事を休んだ

経験があります。ぎっくり腰とは異なり、ヘルニアは骨格に原因があります。

現在の治療法は、何もせず安静を保つとされていますが、一時的に痛みが

消えても痛みが時々出るようでしたら、根本的に治す事が必要となります。

クラリオンヒーリングの施術では、椎間板にストレスを与えている大腰筋の筋肉

をほぐしていきます。そうしますと、容易に椎間関節を緩めることができ痛みは

無くなっていきます。この時、脊柱起立筋は解しません。椎間板は、加齢ととも

に間が狭くなっていきますので、私自身も日頃注意しており、時々この施術を

自分に対して行っています。

ヘルニアの痛みがひどい場合は、施術の翌日も安静が必要となりますが、通常は

激しい運動をしない限りあまり再発はしません。要手術の方の施術も経験があり

完治しております。この椎間板ヘルニアは、原因がわかっていますので比較的

やり易い施術と考えています。

肩こり

治療院へ行っても中々改善されない、肩こり・腰痛。スポーツや体を動かす仕事

をして筋肉が硬くなるのは、筋肉が疲労しているのでもみほぐしの施術は効果が

あるのですが、あまり筋肉は使っていないのにいつもコリを感じているのは

神経が緊張している為、筋肉が硬くなるのが原因です。従いまして、もみ

ほぐしの施術はほとんど効果はありません。もちろんカイロプラクティック

の施術も効果の持続性は短くなります。神経の緊張とは、無意識に体にチカラ

が入ってしまっている状態を言います。一番の問題は、その事に気が付いて

いない事です。ストレスも筋肉を硬くさせる要因の一つです。

栗原

メンタルヒーリングでDVの相談は、良く受けます。夫婦関係で、夫源病や妻源病

の状態にある時、自己愛性人格障害であるケースが多いのです。

今回、子供を虐待死させてしまって栗原勇一郎容疑者は、会社内では外ずらが

良く家庭内では真反対の人格だったことから考えるとこれに該当すると思い

ます。

亡くなられた心愛さんも、家庭外での父親の言動や振る舞いと家庭内の

違いに相当戸惑っていたのではないかと推測します。

自己愛性人格障害の特徴として、他人から良く見られたいという意識が働く

ので社会的には、常に人に合わせることをします。自分の本心を隠し、人から

信頼されるように振る舞うことを最優先にさせています。心愛さんの学校での

衣服に汚れや乱れが無かったのは、親がしっかりしていることを見せたかった

のでしょう。

このような人は、家庭外で他人に合わせることをしていますのでストレスを

感じながらも感情を抑えています。しかし、その反動で家庭では妻や子供が自分

に合わせることを振る舞うように暗に要求していきます。褒められると、気分は

良いのですが間違っていることを指摘したり尊敬の念をもって接しないと、相手

を罵倒するようになります。極端な二面性を持っているので、評価が全く分かれ

てしまうのはこの為です。

この人格障害が、治るかどうかは本人次第です。自分が自己愛性人格障害である

事に気が付き改善していく意思があれば良いのですが、ほとんどの場合気が付く

こと、認めることに拒否反応を示すので改善は極めて困難であると思います。

最近の記事

アーカイブ

リンク

Copyright © 2009静岡の整体・気功クラリオンヒーリング. All Rights Reserved.

住所:静岡市駿河区西中原2丁目7-63 メゾン西中原110号

メール相談