静岡の整体・気功・ヒーリング

クラリオンヒーリング(整体・気功)

トップページヒーリングの考え方施術技脳と体の関係自然治癒力プロフィール・施術料金Q&Aコラム(日々創感)お問合せメンタルヒーリング

メール相談
自然治癒力について


人類の歴史は、400万年とも言われています。
多種多様な動植物の中で淘汰され、この400万年を生き抜いてきた人類。この歴史は、様々な病原菌やウイルス、細菌との戦いでした。

この免疫力は、厳しい環境であればあるほど、適合しようとする能力でもあります。

 

しかし、近年人類は住みやすい環境を求めるあまり、免疫力は低下していく状況にあります。ここ30年〜40年が、それまでの400万年間における人類史の生活を一変させてしまったのです。

近年エアコンがどの家庭にも普及し、夏涼しく冬は暖かく一見すると住みやすい環境ですが、

人間の本来持ち合わせている体温を維持調節する機能が損なわれる結果となってしまいました。

 

 

その良い例が、熱中症です。

数十年前までは、この症状はほとんど表れませんでした。幼少期から、エアコンのある生活が日常化してしまうと、夏の暑い時に汗をかくという事で体温をさげるという、恒常性の維持機能が働きにくくなってしまいます。また冬場の暖房も同様です。

皮肉にも住みやすい生活環境が、逆に自然治癒力を弱める結果となってしまったのです。

 

抗生物質

また、抗生物質を服用しすぎると、病原菌自体が抗体を持ったり、形を変異させたりして、薬に対して抵抗力を持ち、抗生物質が効かなくなってしまうのです。

それは、動物園で暮らす動物も同様で、狩りをしない動物は免疫力が弱く、また繁殖力も自然界の動物よりも劣ったり、寿命が短いことでも明らかです。

 

私自身、自己免疫力を上げ、体調を維持させることに特に注意を払っています。行っていることは、寒い冬場でも掛布団1枚で寝ます。室温も寒い状態で、湿度も上げません。人間の体は、多少負荷がかかった方が、免疫力が働くように作られているのです。

また外出して家に戻ってきても、うがいや手洗いは一切しません。(食事の前の手洗いはします)また、風呂上がりには、冷水を体にかけるようにしています。このような事は風邪予防(体調管理)に役立っており、私はここ数年風邪を引いたことがありません。人間の体は、多少負荷がかかった方が、免疫力が働くように作られているのです。

 

その他、献血も免疫力を上げる為に有効です。

血を抜く事で、体は造血しようと働きます。血液の中には、体を再生させる栄養素や免疫力も含まれているので、自ら血液を作り出す力を引き出すことは、重要なのです。

 

断食(ダイエット)も有効です。

これは、美容上のダイエットというより、免疫力を上げる意味での断食です。人間の体は、少し飢餓意識があることで、生きようとする潜在意識が働くようになっているのです。石原結實医師が提唱している断食療法も、体を強くし若返らせる方法として知られています。

また、食事を制限することは、長寿遺伝子が働きやすくなることは医学的にも認められています。

 

筋肉に負荷をかけ、効率的に筋力をつけていく加圧トレーニングや、心肺機能を高める為にあえて酸素の薄い高地で行うトレーニングは環境適合できる人間のすばらしい能力を引き出す方法として知られています。